健康管理

弁護士に限らず,健康管理はとても重要です。
仕事をするうえで体調不良となれば,顧客に迷惑をかけたり,同僚・上司に迷惑をかけてしまいます。
何より,自分自身のスケジュールが崩れたり,よいパフォーマンスが発揮できなくなったりします。
うつ病などの精神疾患となってしまっては,長期にわたり大きな影響が出てしまいます。

そのため,健康管理が何より大切であるとも言えます。

一方で,この言葉を他人に伝えるのは非常に難しいとも言えます。
それは,「健康管理が一番重要だ。それができないのは三流だ」のような論調で話した人が,
風邪を引いて会議を欠席したり,健康診断で要再検査になったりしては,
自分自身が三流であることを証明してしまい,信頼を失ってしまいます。
そのため,この言葉は,自分自身に言い聞かせるものであって,他人に偉そうに語ってはいけないものであると思います。

私も,大きな病気などはしませんが,毎年,風邪を引いたり,
季節の変わり目に体調を崩したりすることがあるので,言葉の重要性は理解しつつ,なかなか他人には語れません。
とにかく,信用を失わないように,反面教師にしながら,体調管理に気をつけていきたいと思います。

刑事弁護では,特に,長期の勾留をされてしまう被疑者・被告人の体調に気を遣うことも重要です。
古い勾留施設だと,エアコンの調整ができず,とても寒かったり暑かったりすると聞きます。
あるいは,暑くなってきたのにエアコンが時期的に入らないということもあります。
このような場合は,申し入れをすることが重要です。

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: 健康管理