条例の改正

愛知県では,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例が平成31年1月1日に改正されて,
名称も愛知県迷惑行為防止条例にかわりました。
この改正は,ストーカーや痴漢、のぞき見、盗撮などに対応するように改正されたものです。

盗撮行為に関しては,
1 不特定または多数の人が利用する場所・乗物が新たに規制対象場所となりました。
例えば,学校の教室,廊下や会社の事務所,マンション等のエントランス,階段,カラオケボックスの個室などです。

2 また,住居、浴場、便所、更衣室等の人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所も対象となりました。
例えば,住居,ホテル,会社のトイレ,更衣室などです。

3 さらに,のぞき見・盗撮に関する「規制行為」が拡大されて,盗撮目的で「写真機等」を設置する行為等が禁止されました。
そのため,のぞき見・盗撮目的でカメラを女性のスカート内に差し入れたものの,撮影を始める前に発覚した場合や撮影に失敗し,画像が残っていなかった場合でも処罰されることになります。

従前は,処罰できなかった行為についても処罰がなされるようになりました。

条例の抜け道を探して盗撮行為をすることはあってはなりませんが,罪刑法定主義の観点から処罰すべき行為は明確にしなければならないため,
条例の改正はとても重要です。

今回は愛知県の条例の改正を取り上げましたが,各地の条例も順次改正がなされているので,盗撮などで処罰を受ける場合は,条例をきちんと確認をしなければなりません。

盗撮行為で刑事弁護を依頼されたい方は,お気軽に弁護士法人心岐阜駅法律事務所までお問い合わせ下さい。

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: 条例の改正