月別アーカイブ: 2015年 10月

ストレスチェック制度について

平成27年12月からストレスチェック制度が始まります。

ストレスチェックとはストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し,それを集計・分析することで自分のストレスがどのような状態にあるのか調べる簡単な検査です。
労働安全衛生法という法律が改正されて,労働者が50人以上いる事業場では,毎年一回,この検査を原則としてすべての労働者に対して実施することが義務付けられました。

労働者が自分のストレスの状態を知ることで,ストレスをためすぎないように対処したり,ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり,会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり,職場の改善につなげたりすることで,うつなどのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。

定期健康診断と異なるところは,労働者に受検義務がないところです。
また,労働者が受検した場合でも,事業者が本人から結果を入手するには,本人の同意が必要です。

弁護士は多忙なこともあり,ストレスが溜まることも多いので,受検してみたいと思います。

健康診断について⑵

協会けんぽの生活習慣病予防検診は,協会けんぽが健診費用の一部を補助しますので,自己負担が少なく受けられます。
補助の対象となるのは以下のとおりです。

20151029092037631_0001

35歳以上を対象としたものが多いですが,子宮頚がん検診は若い方でも補助が受けられますので,是非受診してみてください。