日別アーカイブ: 2019年4月28日

刑事弁護士費用補償特約

損保ジャパン日本興亜損害保険で,今年から,従来の交通事故の被害者となったときの弁護士費用の補償に加えて,
交通事故で加害者側になってしまったときの弁護士費用の補償もなされる特約が販売されるようになりました。
この保険は,交通事故の加害者となってしまい,逮捕されるか起訴された場合に,保険を使うことができます。
もっとも,飲酒運転や危険運転などの場合には,保険を使うことはできません。
車両保険や人身傷害保険と同じようなイメージです。

この保険によって,不注意で事故を起こしてしまったときに,被害届の取下げや嘆願書の取得に向けた
刑事弁護活動を費用負担なく依頼することができます。

もっとも,勾留されている場合や起訴されている場合は,国選弁護人制度の対象でもあります。
その場合の一番の違いは,保険は,あくまで私選弁護人の費用を補償するものですから,
国選弁護人と違い,自分の信頼できる,納得できる弁護士を選ぶことができます。

弁護士費用補償特約をつかっても,それだけでは等級は下がりませんから,
(そうはいっても,加害者の場合,対人保険,対物保険は使うことになるでしょうから,
保険の等級は下がることになります。)
弁護士費用補償特約を使うことをおすすめします。

弁護士法人心岐阜駅法律事務所では,岐阜で起こった交通事故の刑事事件・刑事弁護のご相談を承っております。
刑事事件・刑事弁護のご相談はお気軽に弁護士法人心岐阜駅法律事務所までお問い合わせください。