交通事故に強い弁護士を岐阜でお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談@岐阜県

大垣市にお住まいの方の弁護士への交通事故相談

「治療を十分な期間受けられなかった」「もっと高い金額で示談できたはずだった」などと後悔される交通事故被害者の方が少なくありません。

弁護士法人心では,交通事故を得意とする弁護士に加えて,後遺障害認定機関で後遺障害認定業務に携わっていたスタッフや,保険会社OBなどで交通事故チームを作り,交通事故直後から解決まで交通事故被害者の方を徹底的にサポートしています。

大垣市にお住まいで交通事故に遭われた方は,弁護士法人心岐阜駅法律事務所までご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

後遺障害は申請の方法が重要

1 交通事故による怪我と症状固定

交通事故で怪我をした場合,症状が重ければ入院,そこまで重くなければ通院による治療をしていくことになります。

最も望ましいのは,その治療によって交通事故前と変わらない状態まで回復することです。

しかし,一部には,治療を続けてもよくならない,一進一退の状況になることもあります。

この状態がいわゆる「症状固定」であり,よくならなかった部分について,後遺傷害の申立をしていくことになります。

なお,任意保険会社(共済含む)は,3カ月経ったから,6カ月経ったからという所定期間の経過を理由に症状固定を主張してくることがありますが,すべてがそうなるわけではありません。

その際は,弁護士や主治医に相談する等して,症状固定の段階にあるのかどうかを慎重に見極めるようにしましょう。

2 交通事故の後遺障害の申請方法

後遺障害の申請の方法は,次の2つがあげられます。1つは,「事前認定」で,任意保険会社が,示談に先立って自賠責保険(共済含む)からいくらの支払いを受けられるかを知るために,自賠責保険会社に対して後遺障害の等級認定を申請することです。

もう1つは,「被害者請求」で,被害者自ら,自賠責保険会社に対して後遺障害の等級認定を申請することです。

3 被害者請求の方法によるべき理由

「事前認定」は,一括対応によって交通事故・医療関係資料を保有している任意保険会社が手続き主体となることによって,比較的楽に申請することができます。

しかし,被害者の方にとって有利な資料を出してもらえなかったり,不利な意見を付けてられてしまうことがあるため,できる限りこの方法は避けた方がよいでしょう。

一方,「被害者請求」の方法によれば,申立手続に必要な書類以外に,後遺障害の内容を的確に立証し得る参考資料を添付することもできるため,正当な等級認定を得られる可能性を高められることもあげられます。

また,被害者請求であれば,等級認定が得られると,その等級に見合った自賠責保険金の支払いをすぐに受けることができます(事前認定では,被害者請求をし直さない限り後遺障害に関する損害賠償を受けることはできません)。

このようなことから,一般的には被害者請求の方式によるべきではないかと思いますが,それぞれの交通事故ごとに事情は異なりますので,まずは弁護士に相談すべきでしょう。

弁護士法人心では,大垣の方の交通事故・後遺障害のご相談も承っております。

大垣にお住いの方も,お気軽にご相談ください。

交通事故示談金・慰謝料の増額交渉は弁護士にお任せ

1 交通事故の損害賠償の解決方法

交通事故の損害賠償を解決していく方法は,複数あります。

例えば,裁判を行い,裁判官の判決を得るというのも一つの方法です。

また,裁判を行い,和解で解決するという方法もあります。

その他にも,紛争処理センターを利用したり,民事調停を利用したりと,様々な解決方法が用意されています。

もっとも,一番簡易迅速でありなおかつ広く行われている解決方法は,保険会社の担当者と話し合って損害賠償額を決定して解決する,示談交渉という方法ではないでしょうか。

実際に,弁護士が損害賠償請求の依頼を受けた場合でも,依頼者の方からすぐに裁判をやってほしいというような強い意向がない限り,通常は相手方との話し合いによる解決を模索します。

2 示談の際の注意点

もしも,被害者の方ご本人で保険会社の担当者とやりとりをする場合には,注意をしておくべきことがあります。

それは,保険会社側の担当者が提案してくる慰謝料等の金額は,裁判をした場合に目安にされている慰謝料の相場よりも低額であることが多いということです。

これは,自賠責保険の基準をもとに,保険会社の担当者は金額を計算して提案してくることが多いのに対して,裁判所では別に独自の基準をもって金額を計算しており,前者の基準よりも後者の基準の方が金額が大きくなることが多いことからきています。

自賠責保険の基準では,治療費等も含めた上限金額を120万円として入通院1日あたり4200円を目安にした計算を行います。

これに対して,裁判所では傷害の内容・程度に応じつつ,交通事故から症状固定日までの期間の長短に応じて計算を行います。

このように,両者は計算の方法が大きく異なっています。

もし,相手方保険会社からでてきた慰謝料の金額が,裁判所の目安としている基準と比べてどうなのか気になる方は,弁護士までお気軽にご相談いただければと思います。

また,被害者の方ご本人では,これ以上,相手方の保険会社の担当者から提案してくる金額を増額できないという場合にも,ご依頼いただくのをご検討いただければと思います。

弁護士にご依頼をいただいて,示談交渉や裁判等で慰謝料の増額が得られるケースもございますので,まずは,お気軽にご相談いただければと思います。

大垣にお住いの方の交通事故問題につきましても対応させていただいておりますので,大垣の方もお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故の示談交渉は弁護士にお任せください

交通事故に遭うと,相手方の保険会社と皆様との間で示談交渉を行うことになります。

この時提案される示談金額というのは,残念ながら必ずしも皆様の損害に対して適切なものであるとは限りません。

交通事故の損害とはなかなか定義がはっきりしない場合もありますので,相手方と皆様との間にどうしても感覚の違いが生じてしまうということもありうるのです。

そのため,損害賠償額に納得がいかないという場合には交渉を行う必要があります。

そうは言っても,相手方は交通事故に関してプロですので,皆様お一人で交渉を行い,交通事故によって生じた損害についてわかってもらうというのは難しい場合があります。

そのため,交通事故の示談交渉は弁護士にお任せいただくことをおすすめいたします。

弁護士法人心には交通事故に詳しい弁護士が所属しておりますので,保険会社との示談交渉に関しても安心してお任せいただけます。

交通事故のご相談はお電話でも可能ですし,大垣駅から岐阜駅まではJR東海道本線の豊橋行電車に乗って10分程度でお越しいただけますので,大垣にお住いの方が直接弁護士とお話しいただく場合でもお気軽にお越しいただけるかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ