岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

交通事故に関するQ&A

交通事故で弁護士費用特約の上限を超えることはあるのですか?

1 弁護士費用特約の上限

弁護士費用特約とは,保険契約者やその家族などが交通事故に遭ったとき,相手方に対する損害賠償請求を弁護士に任せた際の弁護士費用等を補償する保険の特約を言います。

補償の限度額は,1事故について300万円としている保険会社が多いです。

そのため,300万円を超える弁護士費用が発生した場合には,その超過する部分は補償されず,被害者自身が負担することになる可能性があります。

もっとも,保険会社が定める弁護士費用の支払い基準は,日弁連リーガル・アクセス・センターが定める通称LAC基準と同じ水準になっている場合が多いですが,LAC基準に従って弁護士費用を算定すれば,被害者がお亡くなりになった場合や,相当な重症でない限り,弁護士費用が300万円を超える可能性は低いです。

概ねですが,経済的利益が2000万円程度以上の事案の場合,弁護士費用が300万円の限度額を超える可能性がでてきます。

経済的利益は,LAC基準の場合,最終的な獲得額から事前になされた加害者側の損害保険会社からの提示額を差し引いた額であったり,自賠責保険からの支払いが予定される額を差し引いた額であったりします。

よって,経済的利益の額が2000万円以上になるということは,損害額の合計は相当な高額であるということになります。

つまりは,被害者がお亡くなりになった場合や,相当重症な場合に限度額300万円を越える可能性があるということになるわけです。

2 LAC基準より高い基準の場合

弁護士費用は一定の限度で自由とされていますので,LAC基準に従わない弁護士もいます。

そして,LAC基準よりも高い基準で弁護士と委任契約をした場合,弁護士費用の総額が300万円を超える可能性はLAC基準で算定した場合よりも当然高くなります。

交通事故について,弁護士に依頼する際には,契約内容を確認し,どのような場合にいくら費用が生じるのかをしっかりと理解しておくことが大切です。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア