岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

高次脳機能障害の後遺障害の認定結果に不満がある場合の異議申し立て

1 高次脳機能障害とはどのような後遺障害か

交通事故で,頭部に大きな衝撃をうけて,脳挫傷等の外傷性の脳損傷を受けた場合には,事故直後の救命救急に成功したとしても,その後から,認知機能の衰えや,人格の変化などの症状が被害者に残ってしまうことがあります。

このような症状を,専門的には脳の高度な次元の機能に障害が残ったものとして「高次脳機能障害」と呼びます。

2 高次脳機能障害の症状

高次脳機能障害の症状の表れ方は様々です。

例えば,方向感覚が著しく低下したり,昔のことは記憶しているけれども新しい事を記憶できなくなったり,極端に怒りやすくなって人間関係でトラブルを頻発するようになったりと,様々なケースが存在します。

3 高次脳機能障害の後遺障害等級

このように,高次脳機能障害の症状には,様々な種類があり,その症状が仕事や日常生活に与える影響の大きさも,大きいものから小さいものまでありえます。

そこで自賠責保険における後遺障害等級の認定制度上では,高次脳機能障害は「神経系統の障害」として,その障害の程度に応じて,1級から9級までの範囲で認定を受けることとなります。

具体的には,1級1号「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの」,2級1号「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの」,3級3号「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの」,5級2号「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」,7級4号「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,軽易な労務以外に服することができないもの」,9級10号「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,服することのができる労務が相当な程度に制限されるもの」とあれています。

4 高次脳機能障害の異議申し立て

このように,高次脳機能障害では,介護の必要性の有無・程度,就労能力の有無・程度等の事情により,等級を割振ることとなっており,その判断は,医師の作成する後遺障害診断書の他に,被害者の近縁の者が作成する「日常生活報告書」や,医師が作成する「神経系統の障害に関する医学的意見」等の提出書類に基づいて行われます。

そのため,一度認定された等級を覆すだけの新たな事情を異議の際に提出することは容易ではありません。

したがって,原則として,第1回目の後遺障害申請の段階で,弁護士等の専門家の協力を得て万全の態勢で後遺障害申請を行うことが望ましいといえます。

また,もし異議申し立てによって高次脳機能障害の等級の昇級を求めていくのであれば,弁護士が詳細に被害者の症状などを聴き取って,陳述書等にまとめたものを新たな提出資料として異議を行うことが考えられます。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア