岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

交通事故の弁護士費用特約の上限

1 弁護士費用特約

交通事故に遭った場合,ご自身の加入されている保険に弁護士費用特約がついていたら,弁護士に事件処理を依頼する際の費用負担を軽減することができます。

もっとも,弁護士費用特約には上限がありますので,事案によっては上限を超えてしまい,弁護士費用の自己負担が生じてしまうこともあります。

そこで,以下では弁護士費用特約の上限についてご説明をいたします。

2 着手金・報酬金方式の場合

事務処理の結果に成功不成功があるものについて,その結果のいかんにかかわらず受任時に支払う必要のある弁護士費用のことを「着手金」といい,事件の結果の成功の程度に応じて支払う必要のある弁護士費用のことを「報酬金」をいいます。

着手金・報酬金方式の場合は,弁護士費用特約の上限額については保険会社によって様々ではありますが,300万円が上限とされる場合が一般的です。

3 時間制報酬方式(タイムチャージ)の場合

1時間あたりの事務処理単価(1時間あたり2万円である場合が多いです)に,その処理に要した時間をかけた額により報酬を計算する方式を「時間制報酬方式(タイムチャージ)」といいます。

時間制報酬方式の場合は,原則として,1事件あたり所要時間30時間(時間制報酬総額60万円)が上限となります。

例外的に,所要時間が30時間を超えそうな場合でも,保険会社や依頼者の方との協議のうえ,30時間を超える事務処理に対する報酬についても弁護士費用特約によって支払いがなされる場合もあります。

4 おわりに

以上のとおり,交通事故に遭って弁護士に依頼をする際に利用することのできる弁護士費用特約にも上限があります。

上限がいくらであるかについては,保険会社の約款や保険証券に記載がある場合も多いですし,これらを見てもわからない場合は,保険会社の担当者に尋ねれば教えてくれることが多いかと思われます。

交通事故に遭った際にご利用になれる弁護士費用特約がある方,使える弁護士費用特約がないか知りたいという方は,一度弁護士に相談されることをおすすめします。

弁護士法人心岐阜駅法律事務所では,弁護士費用特約を使っての法律相談を多数承っておりますので,お気軽にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア