岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

借金の時効が成立する条件

1 時効とは

簡単に説明すると,時効とは,権利関係が長期間変わっていない場合,その権利関係を法的に認めてしまう制度です。

大きく分けると,「取得時効」と「消滅時効」に分けられます。

借金の時効については,消滅時効が問題となります。

2 消滅時効

たとえば,お金を請求することができる権利も,長期間行使していなければ,そのような権利関係を保護するため,その請求権が消滅することになる。

これが消滅時効です。

時効の制度は,「権利の上に眠るものは保護しない」という説明をされることもあります。

3 時効消滅の条件

  1. ⑴ 時効期間の経過

    時効が成立する期間は権利の性質等によって変わってきます。

    個人間の借入れの場合は10年,貸金業者からの借入れだと5年となります(※ただし,貸金業者といっても,信用金庫等の場合は,10年となることがありますのでご注意ください)。

  2. ⑵ 時効の援用

    上記⑴の時効期間,債権者と何らのやり取りもなければ,時効は成立することになりますが,「時効の援用」といって,時効の効果を確定的に発生させる意思を示さなければ借金は消滅しません。

4 注意点

大きな注意点は,時効の中断です。

時効の中断とは,中断事由が生じた時点から時効期間がリセットされるというものです。

主な中断事由は,裁判上の請求と,債務の承認です。

時効制度の趣旨は「権利の上に眠るもの保護しない」というものであり,裁判を起こして債権を行使するものが権利の上に眠っているとはいえません。

そのため,債権者側が裁判を起こせば,時効は中断し,あらためて10年ないし5年経過しないと消滅時効は成立しないことになります(なお,判決まで出た後は,本来時効期間が5年だったものも10年となります)。

また,消滅時効は,時効の援用という「債務を消してほしい」という債務者側の意思が条件となることから,債務者に返済の意思がある場合には消滅を認める必要がありません。

そのため,債務者から返済の意思が示された時点で時効期間はリセットされ,また10年ないし5年経過しないと借金は時効消滅しないことになります。

5 過払いの場合

過払い金返還の場合にも時効は問題となります。

過払い金返還の場合は10年で請求権が時効消滅します。

完済してから10年経過していると,払いすぎていたお金が返ってこないことになりますのでご注意ください。

6 弁護士への相談

時効の問題は,タイミングを誤ったり,対応の仕方を間違えると消滅時効が認められないことがありますので,専門家に相談をして対処した方がよい問題といえます。

弁護士法人心岐阜駅法律事務所は,岐阜駅北口から徒歩3分,名鉄岐阜駅より徒歩2分の距離にあります。

岐阜周辺で借金問題にお困りの方は,一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア