交通事故に強い弁護士を岐阜でお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談@岐阜県

顧問医のご挨拶

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故で医学的知識が重要になる場面

1 交通事故で医学的知識が重要になる場面

交通事故被害に遭い,怪我をしてしまった,車両が損傷してしまったといった場合,加害者に対して事故によって生じた損害について賠償するよう請求を行うことができます。

そして,損害賠償請求を行いにあたって,弁護士に依頼する方も増えてきています。

それは,法的な知識を持つ弁護士に依頼することによって,賠償金の金額が上がることがあるからです。

もっとも,損害賠償請求をするにあたって,法律的な知識だけではなく,医学的な知識がある弁護士に依頼した方がより適切な賠償金の獲得に期待できる場合があります。

特に,後遺障害が残ってしまったような場合には,高度な医学的知識に基づく主張をしていくことで,より適切な後遺障害の認定が受けられる場合があります。

2 後遺障害の認定を受ける際に必要な医学的知識

後遺障害とは,交通事故に遭って怪我を負い,通院を続けたが症状が一進一退の状況となってしまい,症状が一生涯残ってしまうような場合に認定されるものをいいます。

そして,後遺障害として認定されるかどうかは,交通事故被害に遭った方の症状の程度や,レントゲン,MRIといった画像上に異常な所見が写っているかなどによって変わってきます。

したがって,後遺障害として適切な等級の認定を受けるためには,レントゲン等の画像を見て異常な点があるかどうかを見分けたり,通院途中の段階では適切な時期に適切な検査をするようアドバイスすることも必要になってきます。

また,交通事故によって脳に損傷を受けるなどして重い後遺障害が残ってしまうような場合には,膨大なカルテの中から有利な証拠をピックアップし,医学的知識に基づいて主張・立証をすることで適切な等級認定を受けられる可能性が上がります。

3 医学的知識に基づいた対応

弁護士法人心では,整形外科医を顧問医とするなど,医学的知識に基づいた対応ができるよう体制を整えております。

交通事故でお悩みの方は,弁護士法人心岐阜駅法律事務所までご相談ください。