岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

交通事故で眼に後遺障害が残った場合の損害賠償

1 交通事故により眼に障害を負った場合の損害賠償

交通事故により眼に障害を負った場合,治療費や通院交通費などに加えて,傷害慰謝料(入通院慰謝料)を請求することができます。

また,眼の障害が後遺障害として等級認定された場合,認定等級に従って,後遺障害慰謝料や逸失利益を請求することができます。

2 交通事故の後遺障害認定

交通事故の損害賠償実務においては,自賠責保険における後遺障害等級認定に基づいて後遺障害に関する損害が算出されることになります。

この後遺障害等級を認定する機関は,損害保険料率機構の下部組織である自賠責損害調査事務所です。

自賠責損害調査事務所は,被害者から提出された後遺障害診断書や画像所見等を参考にして,後遺障害等級に認定されるか否かを判断します。

3 眼の障害について後遺障害の区分

眼の後遺障害については,眼球の障害と眼瞼の障害に区分されます。

眼球の障害については,視力障害,調節機能障害,運動障害,視野障害があります。

眼瞼の障害については,眼瞼の欠損,まつげ剥げ,瞳孔異常,眼瞼の運動障害があります。

4 視力障害

失明や視力低下に関する障害であり,その程度により,1級から13級までの等級が考えられます。

5 調節機能障害

目の調節機能の障害であり,その程度により,11級ないし12級の等級が考えられます。

6 運動障害

眼球の運動障害であり,その程度により,11級ないし12級の等級が考えられます。

また,運動障害として,後遺障害が認定されなかった場合でも,複視が認められる場合には,その程度に応じて,10級または13級の認定が考えられます。

7 視野障害

視野の障害であり,その程度により,9級または13級の認定が考えられます。

8 眼瞼(まぶた)の欠損

眼瞼の欠損については,その程度により,9級から14級の認定が考えられます。

また,眼瞼の欠損は,外貌の醜状としてとらえて,後遺障害の等級を検討することも考えられます。

9 まつげ剥げ

その程度により,11級ないし12級の等級が考えられます。

10 瞳孔異常

瞳孔異常の内容や程度から,11級ないし12級の等級が考えられます。

11 眼瞼の運動障害

運動障害の内容や程度から,11級ないし12級の等級が考えられます。

12 後遺障害として認定された場合の賠償額

等級認定されると,等級に従って,後遺障害慰謝料や逸失利益を請求できます。

眼の障害については,複雑で,必要な検査を受けて,症状を裏付ける資料も必要になります。

そのため,眼の後遺障害については,交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

13 弁護士法人心岐阜駅法律事務所

弁護士法人心岐阜駅法律事務所は岐阜駅から徒歩3分の場所にあり,後遺障害等のご相談を多数承っております。

後遺障害でお悩みの際は,お気軽に弁護士にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア