岐阜・大垣・各務原 周辺で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人岐阜駅法律事務所

岐阜駅3分・駐車場サービスあり

自筆証書遺言のデメリット

1 自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは,日付,氏名,遺言書の内容全文を自筆で書き,印を押すことによって作成する遺言です。

紙とペンさえあれば,「自分でいつでも簡単に作成できる」という手軽さが特徴的です。

また,証人も必要としないため,遺言の存在や内容を誰にも知られることなく作成できます。

2 自筆証書遺言に関する注意点

①パソコンやワープロ等で作成ができない

全文自筆で,必ず本人が作成しなければならないので,作成に多大な時間と労力を要します。

財産目録に関しても自筆で作成しなければなりません。

間違えた箇所は訂正も可能ですが,遺言内容の一部を訂正するために加入,削除,訂正を行うには厳格で複雑な規定に従って行う必要があります。

間違えたページは,書き直すことをおすすめします。

②要件を満たさない遺言は,無効になる可能性がある

「署名・押印・日付」の記載が一つでも漏れた場合は,無効となってしまいます。

代筆や,手書きでないものも無効です。

また本人の真意を,きちんと明確に意思表示することが求められます。

③紛失や第三者による偽造・変造の危険性がある

遺言書の保管は自らがおこなうので,わかりにくい場所に保管すると,死後に発見してもらえない可能性があります。

一方で,わかりやすい場所に保管すると,相続人に見つけられて偽造・変造されてしまう危険を孕んでいます。

④「検認」が必要

「検認」とは,遺言書の内容を偽造・変造されないために裁判所が証拠を残す手続きのことです。

手続きは,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てます。

岐阜市で亡くなられた方は,岐阜の家庭裁判所が管轄裁判所となるわけです。

通常,手続きが完了するまでに一カ月ほど要するため,相続人が遺言書を見つけてから,その内容を実現するまでに時間がかかってしまいます。

3 弁護士へのご相談

①パソコンやワープロ等で作成ができない

以上のように,自筆証書遺言は手軽な反面,気を付けなければならない点も存在します。

万が一,遺言の法定要件を満たしていない場合は,効力争いとなり遺言書が無効となることがありますので,ご不安な点がある場合には,弁護士法人心岐阜駅法律事務所までご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

ページ上部へ