岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜法律事務所

むち打ちについて弁護士に依頼するとよい理由

  • 文責:弁護士 古田裕佳
  • 最終更新日:2020年8月4日

1 むち打ちで弁護士に依頼される方は多い

むち打ちの被害に遭い,弁護士に依頼するという方は多くおられます。

突然の追突事故では,防御態勢をとることができず,衝撃の程度が軽度であっても,むち打ちなどの傷害を負うことがあります。

むち打ちになると,首や腰の痛みで,日々の生活にも支障を来たす場合があります。

しかし,むち打ちは画像所見がない場合が多く,かつ,外形上の変化はないため,詐病との誤解を受ける場合も少なくありません。

むち打ち患者は,ただでさえ痛みに苦しんでいるにもかかわらず,第三者からの理解も得られにくく,保険会社からの治療費の支払いが早期に打ち切られることもあるなど苦しい立場に置かれることもあるため,弁護士に依頼される方が多いのではないかと考えられます。

2 むち打ちについて弁護士に依頼するとよい理由

むち打ちについては次の理由から早期に弁護士に依頼することをお勧めします。

⑴ 後遺障害等級認定を獲得するためのポイントがある

むち打ちは思ったよりも治りにくく,長期間治療を継続したにもかかわらず症状が残る場合があります。

この場合には,後遺障害等級認定の獲得に向けて申請手続をすることができます。

しかしながら,むち打ち案件で後遺障害等級認定を獲得するのは容易ではありません。

画像所見がなく,外傷によるものかが判然としない場合が多いことも,その要因の1つといえます。

もっとも,いくつかのポイントに注意してしっかり通院治療や後遺障害診断書の作成などに取り組めば,適切な後遺障害等級認定を獲得できる場合も少なくありません。

したがって,後遺障害等級認定に精通した弁護士に依頼することをお勧めします。

⑵ 弁護士に依頼する場合とそうでない場合で賠償額に差が生じることが多い

保険会社は営利企業であるため,低額な自賠責基準や保険会社独自の基準で算定した賠償金を提示すること少なくありません。

自賠責基準や保険会社独自の基準で算定した金額は,裁判所基準(弁護士基準)で算定したものを下回ることが多いため,弁護士に依頼した場合には,通常,増額が見込まれます。

したがって,弁護士に依頼することをお勧めします。

3 弁護士法人心 岐阜法律事務所

弁護士法人心 岐阜法律事務所では,むち打ち案件を得意とする弁護士が担当させていただきます。

また,弁護士法人心には,後遺障害等級認定の審査機関である損害保険料率算出機構に長年在籍していた者がおり,特に後遺障害等級認定には自信があります。

むち打ち案件でお困りの方は,弁護士法人心 岐阜法律事務所にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア