岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜法律事務所

労災について相談する弁護士の選び方

  • 文責:所長 弁護士 古田裕佳
  • 最終更新日:2022年9月1日

1 労災に精通していること

労災保険の補償内容には、療養(補償)給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付、遺族(補償)給付、介護(補償)等給付など多岐にわたります。

給付ごとに要件や用意すべき書類が異なるため、請求手続はかなり複雑化しています。

そのため、どういうときに、どの手続きをとることで、どれくらいの保障を受けられるか、正確な知識・理解がなければ、労災手続で適切な補償を受けることはできません。

したがって、労災についてのご相談は、当然ではありますが、労災に精通した弁護士を選ぶべきです。

労災に精通しているか否かは、法律事務所のホームページで労災に関する情報を発信しているか、掲載する解決実績の内容などが参考になります。

2 後遺障害に精通していること

障害が残った場合、障害(補償)給付の請求手続を行うことによって、後遺障害の等級認定を求めることができます。

後遺障害の有無・内容により、労災の補償額が大きく異なるため、障害に応じた適切な等級認定を獲得することがとても重要です。

適切な等級認定を獲得するには、認定基準に対する正確な理解や、障害に対する医学的知識が必要になります。

したがって、労災の中でもとりわけ後遺障害に精通した弁護士に相談するようにしましょう。

3 早い段階からサポートしてくれること

適切な等級認定を獲得するには、傷病に応じて、適切な病院を選択したり、必要な検査を受けておくなど、事故当初から、障害が残る可能性も見据えて対応しておく必要があります。

そのため、早い段階からサポートしてくれる弁護士を選びましょう。

4 弁護士法人心にご相談ください

弁護士法人心では、労災事故において適切な等級認定の獲得に向けて徹底して取り組んできました。

また、事故当初からしっかりとサポート対応するので、労災事故に遭われた場合には、まずは弁護士法人心 岐阜法律事務所にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ