岐阜で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 岐阜法律事務所

交通事故におけるドライブレコーダーの重要性に関するQ&A

  • 最終更新日:2021年7月5日

ドライブレコーダーにはどのような機能がありますか?

ドライブレコーダーは、走行中の自動車の前方を(機種によっては自動車の周囲も)録画する機能を有しています。

この録画は、機械的に行われるため、その正確性が担保されています。

ドライブレコーダーによる記録が残っていれば、後日、交通事故発生状況について争いが発生することを回避することができます。

製品によっては、録音機能も有しているため、クラクションによる警告の有無等も残すことができます。

ドライブレコーダーがなくても、当事者が交通事故状況を覚えていれば良いのではないですか?

交通事故では、当事者間において、事故発生状況に関する主張が異なることは、決して珍しくありません。

事故態様によっては、過失割合に違いが生じるだけでなく、当事者間で、事故の被害者と加害者が逆転してしまうことさえあります。

そして、常に、交通事故の目撃者が存在しているとは限りません。

ドライブレコーダーにより事故の状況を録画しておけば、客観的な事故の状況を録画してくれるため、自分の記憶と異なる事故状況が認定されてしまうことを回避することができます。

ドライブレコーダーによって交通事故被害者が救われた実例を教えてください。

相手方の車両の動きが明らかとなり、過失割合がより有利になったり、逆に、本来よりも不利益に認定されることを回避することができました。

たとえば、車線変更に伴う接触事故について、被害車両に搭載されていたドライブレコーダーにより、加害者側が、方向指示器を使用することなく車線変更をしてきたことが明らかとなり、加害者側の過失割合が加重されました。

もし、ドライブレコーダーがなければ、加害者側が方向指示器を使用していなかったことを明らかにできなかった可能性があります。

また、すれ違いざまに自動車同士のサイドミラーが接触した事故について、ドライブレコーダーの画像から、こちら側が、車両を路肩に寄せて停車し、相手方が通り抜けるまで待機していたことが明らかになり、こちら側が相手方車両の修理費を負担しない形で示談することができました。

ドライブレコーダーがなかった場合、お互いに車両が動いていたと主張され、過失割合は50対50であると主張されしまうおそれのある事案でした。

このように、ドライブレコーダーは、万が一、交通事故が発生した場合に、身を守ってくれる強い味方となりますので、搭載することを強くお勧めします。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ