『刑事事件』の相談なら【弁護士法人心 岐阜法律事務所】

刑事岐阜

被害者に謝罪したい

被害者への謝罪、賠償、示談は、その後の弁護活動を進めていく上で大変重要です。

特に親告罪の場合は、起訴されるまでに示談し、告訴を取り下げてもらえば、不起訴となることは確実です。

親告罪以外の事件でも、被害者への謝罪、賠償、示談は依頼者の方にとって有利な事情として考慮され、事件の重大さにもよりますが、不起訴処分の獲得や、起訴された場合でも執行猶予付き判決となる可能性が高まります。

加害者が、被害者への謝罪等を望んでも、被害者が知人でなかった場合、被害者の連絡先がわからないことが一般的です。

警察や検察が加害者に直接、被害者の連絡先を教えることはあまりありません。

その理由は、被害者としては、加害者と直接連絡を取りたくないのが通常でしょうし、被害者と加害者が直接やりとりすることによって、トラブルが発生することも懸念されるからです。

しかし、弁護士であれば、被害者が承諾した場合に警察または検察から被害者の連絡先を教えてもらうことができます。

被害者の連絡先がわかれば、弁護士は、依頼者の方の反省と謝罪をお伝えした上で、示談交渉をすることが可能となります。

弁護士に依頼しなければ、被害者との示談は事実上困難です。

当事務所にご相談いただければ、早期に被害者との交渉の場を設け、示談交渉を進めていきます。

仮に示談不成立となってしまった場合でも、加害者側が誠意を尽くして、示談交渉を行っており、量刑上、考慮すべき事情があることを検察庁や裁判所に主張していきます。

被害者への謝罪でお困りでしたら、是非、当事務所にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ