刑事岐阜

大変申し訳ございませんが,担当弁護士の予定が一杯のため,現在,刑事についてのご相談はお受けすることができません。

Q&Aトップ

刑事事件に関してよくご質問いただく点,ご注意いただきたい点等をQ&A形式でまとめております。

当情報ページの情報はすべて,当法人の私的な見解に基づくもので,必ずしも,その結果を保証等するものではありませんので,実際に対応される場合には,その都度,必ず,弁護士等の専門家にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

刑事事件において弁護士を選ぶ注意点

1 刑事事件において弁護士に頼む必要性について

ご自身や,ご家族が刑事事件の加害者となり,警察や検察などの捜査機関から犯罪の疑いをかけられ捜査の対象となった場合(当該加害者は被疑者と呼ばれるようになります。),そして逮捕されて身体拘束されてしまった場合には,当該事件について弁護士に相談することをお勧めします。

なぜならば,被疑者の一刻も早い身柄拘束からの解放や,今後の処分について,弁護士の介入の有無で大きく変わる可能性があるからです。

もっとも,ただ,弁護士に依頼するというだけでなく,どのような弁護士を選ぶのかによって,今後の身柄拘束の期間や処分の内容に大きく影響することになりますので,弁護士選びは慎重にしなければなりません。

以下では,刑事事件において弁護士を選ぶ注意点を説明させていただきます。

2 刑事事件において弁護士を選ぶ注意点について

⑴ まず,刑事事件に詳しい弁護士を選ぶ必要があります。

その理由は,身柄拘束からの解放のためには,適切な主張を裁判官に行ったり,被害者との示談交渉が必要であることもあり,弁護士の能力や,経験によって,結果に差が生じる可能性が生まれるからです。

そのため,刑事事件に精通した弁護士を選ぶ必要があります。

⑵ 次に,早期に対応できる弁護士を選ぶ必要があります。

その理由は,身柄拘束からの解放や,検察官や裁判官から寛大な処分を得るためには,その判断の前に,「早期」に主張や,被害者との示談交渉などを行わなければならないからです。

つまり,弁護士に頼むとしてもすぐに事件に着手できなければ,その意義は大きく減殺されるのであり,連絡を受けてから早期に事件に着手する弁護士を探す必要があります。

このような弁護士の探し方としては,当該事務所の所属弁護士の人数などが目安になると考えられます。

たくさんの弁護士が所属していれば,すぐに事件に着手することができる弁護士も在籍している可能性が高くなると言えるでしょう。

3 岐阜の刑事事件に関して,刑事弁護を得意とする弁護士をお探しの場合は,弁護士法人心 岐阜法律事務所までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ